最初の職場選びがポイント

1月 1st, 2017

看護師の中には、どうしても残業は避けたいという人も多いです。看護の仕事で残業しないコツとして、残業の可能性ができるだけ低い職場を選ぶ手段があります。職場の選び方次第では、残業しなくても済みます。
残業がよくある傾向が強い職場として、救急医療の病院が候補の一つです。緊急に治療を必要とする患者が病院に頻繁に運び込まれるため、看護スタッフは残業しなければなりません。
また、大学病院では重症の患者が入院しているケースも多いことから、入院患者の容態の急変によっては残業となる可能性が大きいです。その他、看護スタッフの数が足りていない職場についても、残業は比較的多いです。看護スタッフの交代要員が少ないため引き継ぎが難しく、残業せざるを得ない事態が起こります。
一方で残業が少ない看護の職場としては、療養型の医療施設が候補としてあります。療養型医療施設は患者の容態が比較的安定しているため、緊急の治療の必要性は少なく、定時での帰宅も可能です。また、リハビリテーションを中心とした医療サービスを提供している施設についても、残業が必要となる場面は限られています。加えて、看護師の就職先として企業や保育園も選ぶ事ができます。これらの職場では、残業の心配はほとんどありません。残業が体に合わない人や、家族の事情でできるだけ残業を避けたい看護師は、このように残業しないで済む職場を選ぶのが、残業をしないための根本的な対策です。
残業しない方法は他にも色々ありますので、こちらのサイト(http://xn--zck7an6pc8087fnddf89e.com)を参考に、できることを実践してみてください。